「あたらしいハコモノのカタチ」

若林 恵 文化講演会

“若林さん、これからの地域に求められる公共文化施設ってどんなかたちですか?”

PR

人口縮小・高齢化・税収減のすすむ地域社会において、公共文化施設はどのようにあるべきでしょうか。世界で最も影響力のあるテクノロジーメディア『WIRED』の日本版の元編集長としてデジタルテクノロジー、ビジネス、音楽、メディアなど幅広い分野の最前線を見つめてきた若林恵氏をお迎えして、未来の公共文化施設の可能性を考えます。

【講師】若林恵…1971年生まれ。編集者。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、平凡社入社、『月刊太陽』編集部所属。2000年にフリー編集者として独立。以後,雑誌,書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長就任、2017年退任。2018年、黒鳥社(blkswn publishers)設立。著書『さよなら未来』(岩波書店・2018年4月刊行)、責任編集『NEXT GENERATION BANK 次世代銀行は世界をこう変える』(黒鳥社/日本経済新聞出版社・2018年12月刊行)。

日時 : 2019-07-08
場所:長崎市チトセピアホール

https://www.chitosepiahall.com/information/information-3188/

https://www.facebook.com/events/585313448629415/

PR

ながさーちのイベント掲載ページです。